2013/07/29

沖縄Amazon事情。

沖縄に来てはや一ヶ月が経とうとしています。

今日はその中で実際に体験した沖縄のAmazon事情に関してです。一言でいうと流石はAmazon。畏敬の念を込めてまとめておきます。

この一ヶ月でAmazonで購入したのは次のような商品です。
・有線LAN→無線LAN変換機(ちびファイ2)
・エアコン用リモコン
・電子レンジ用炊飯器
・サーキュレーター
・押入れのカビ予防シート
・玄米
これらを購入した際の経験を踏まえてのまとめになります。

■沖縄でも送料無料で届きます。

これが一番大きいです。沖縄を始め離島というと別途送料がかかるイメージがありますが、そこは天下のAmazon様。沖縄でも通常送料は無料で届きます。

Amazonの送料案内のページに「離島は別途送料がかかります」とは書かれていなかったので、事前から多分大丈夫だろうとは思っていましたが、実際に注文してみてやっぱり無料で安心しました。

ちょっと細かく言うと、発送元がAmazonとなる商品は他の地域と同様に送料無料で届きます。あと発送元がAmazonではないけれど「関東への送料無料」などとなっている商品であっても、特に追加送料かからずに注文できたケースもありました。(これは発送元によりけりでしょうけれども)

一方で発送元がAmazon以外の業者で、あらかじめ別途送料が設定されている場合は当然沖縄宛でも送料は発生します。場合によっては他の地域よりも高い送料がかかることもあると思います。

■特別配送商品に注意。

大型テレビ、冷蔵庫などの大型製品や、特別の注意が必要となる商品は特別配送商品として指定されており、それらに関しては沖縄への配達はできないそうですので注意してください。

あと沖縄に限らないですが、特別配送商品に関しては別途取り扱い手数料が発生する場合もあるそうなので、その点も併せて注意して下さい。

 ■平均で4〜5日で届きます。

離島のハンデを感じるのが注文から商品到着までの日数。これまで頼んだ商品は全て関東だと当日あるいは翌日に届く商品だったのですが、これらが沖縄に届くには平均で4〜5日かかりました。東京にいた頃はヘタしたら数時間で届いていたので、この点はちょっともどかしく感じるところです。

とはいえ致し方なしなので、必要なものは早め早めに手配するよう心がけるしかないなと思っています。

 

と、簡単ですが以上がこの1ヶ月で分かった沖縄Amazon事情です。

大抵の欲しいものが送料無料で届くメリットは非常に大きく、まさにAmazon様々。Amazonのおかげで「モノの入手」という点における地方に住むことのデメリットは大きく軽減されていると思います。

快適沖縄ライフを支えてくれてるAmazon、引き続き愛用していきたいと思います。

沖縄にお住まいの方も是非安心してご活用下さい。

では。

2013/07/28

超簡単!レオパレスでWi-Fi(無線LAN)環境をつくる方法。


好評のレオパレス生活快適化シリーズ。今回はレオパレスのインターネット環境についてです。

レオパレスが居住者向けに提供しているサービスにレオネットというのがあり、その中にインターネット接続サービスが含まれています。

インターネット接続サービス単体で月額¥1,600となかなかお得な料金設定です。特に工事などは必要ないので、即日開通なのも嬉しいところ。(ちなみにビデオ&CS放送もセットになった¥3,150のバリュープランというのもあります。僕はHulu派なので不要ですが)

しかし、このレオネットのインターネット接続には難点がひとつ。

LANケーブルによる有線接続なんです。

そのままだとiPhoneはおろかLANポートの無いMacBook Airもつなげません。

そこで活躍するのがPLANEX社製ちびファイ2(MZK-UE150N)というアイテム。なんとLANケーブルの先端に付けるだけで有線を無線LAN(Wi-Fi)へと変換してくれるという素敵アイテムです。

こいつのおかげで、MacBook Air、iPhone、iPad(2台)をWi-Fi経由でインターネットへつなぎまくりの快適なネット生活送っています。

設定も簡単。

最も楽に済ませようと思えば、特に設定をすることなく本体に記載されている情報に従って、各端末にてWi-Fi名選択→パスワード入力するだけで使えます。

ただ、セキュリティを確保するためにパスワードだけは変えておいた方が良いと思います。初期状態はあまりにも推測されやすいパスワードなので。。

パスワードを変更する管理画面には、本体に記載されているIPアドレスをブラウザ(インターネットエクスプローラーとかFirefoxとか)のURL窓に入力するとアクセスできます。

まずパスワード聞かれるので、本体に記載されているユーザ名とパスワードで入りましょう。

ここから変えるべきパスワードは2箇所。

まずは管理画面に入るためのパスワードの変更。

「管理」タブを選択して、左端メニューの中から「セットアップウィザード」>「パスワード」を選びます。

その中で新しいユーザ名とパスワードを設定します。入力が終わったら「適用」ボタンを押して変更完了です。



続いてWi-Fi接続するためのパスワードの変更。

「無線LAN」タブを選択し、左端のメニューから「セキュリティ」を選択。そしてメイン画面一番下にある「プレシェアードキー」を新しいパスワードに設定します。

最後に(ちょっと分かりづらいのですが)「SSIDの選択」の中にある「適用」ボタンを押して変更完了です。



この2つさえ変えておけばとりあえずセキュリティ的には大丈夫だと思います。

僕がやったときはちょっと上手く変更が反映されなかったのですが、その時はパソコンのUSBポートに直接挿した状態で変更したらすんなり変更できました。

最後に電源に関して。このちびファイ2は電源をUSBポートから取得する形になっています。近くになんらかのUSBポートがあれば問題無いのですが、無い場合はアダプタを使って通常の電気のコンセントをUSBポートへ変換させておくことになります。

例えばこんなの。

全国津々浦々のレオパレス愛好家の皆様の参考になれば幸いです。

更に暮らしていく中でまた分かったことがありましたら、随時追加していきたいと思います。

ダイソーで作る快適レオパレスキッチン

更に続くレオパレスシリーズ。今回はキッチン。

レオパレスのキッチンはとにかく狭いです。僕はごくごく簡単な料理しかしないのですが、それでも狭いなーと思うレベル。

とは言え、節約のためにも健康のためにもできる限り自炊しようと思っているので、どうにか使いやすくなるよう工夫してみました。

今回はそのちょっとした工夫をご紹介。振り返ってみれば全部ダイソー(100円ショップ)で事足りたので、どれもお手軽に実践できると思います。お料理好きのレオパレサーの参考になれば。

全体を通して特に強いこだわりは無いのですが、強いて言えば吸盤の使用は最小限に抑えました。朝起きたとき吸盤外れて落ちてるとイラッとしてしまうので(笑)。

さて、初期状態がこちら。電気コンロ、冷蔵庫、レンジが備わっていますが、逆に言えばあるのはそれだけ。このままだとちょっと料理はおぼつきません。どうにかしていきましょう。


■タオルの設置。

まずはタオルの設置から。ここで使うのはS字フック、タオル用O(オー)リング、洗濯バサミ。


色々思案した結果、タオルをかける場所は蛍光灯にしました。ここにS字フックを掛けます。


タオルはOリングを使うとスマートに掛けられます。


布巾は使いやすい高さに調整しつつ洗濯バサミを使って吊るしています。


注意点としては、あまり強く引っ張るときっと蛍光灯が割れます(笑)。やさしく扱いましょう。あと、フックの場所によってはシンク上部の棚を開けたときにぶつかってしまうときもありますので、極力右端に寄せておくのが良いと思います。

■調味料などの小物を置くスペースの確保。

続いて調味料などの小物を置くスペースを確保します。これにはワイヤーのミニラックを使用。


最初の状態だとちょっと足の幅が狭くて納まりが悪かったので、手で少し広げて使ってます。

こんな感じに小物が置けるようになります。


コンロを一つ塞いでしまいますが、僕の場合は多分使うことは無いので問題無し。

立体的に積み重ねられるラックなので、スペースが足りない場合はラックを上に重ねて拡張するのもとっても良いと思います。

■洗った食器の乾かし場所。

洗い終わった食器を乾かす場所も必要です。

シンク周りはスペース使いきってしまっているので、目ぼしい場所として白羽の矢が立ったのが電子レンジの上。もはやそれなりのスペースはここしか残ってません。


ここに水切りカゴを設置します。


が、そのままだと水がだだ漏れになってしまうので、水受けとしてピッタリなのがA4サイズのトレー。


こんな感じで素敵に組み合わさります。


うん、ぴったり。


この状態で電子レンジ使うと、食器が良く乾きます(笑)。

お箸とかスプーンなどの小物はここにはちょっと置きづらいので、小物用水切りを別に買って、シンク側面に取り付けてます。(ここは止むなく吸盤にて)


■ゴミ袋、備品などを掛ける場所。


あとはゴミ袋とか、輪ゴム、ハサミなどの細かいものを掛ける場所が欲しかったので、

この5連フックを


シンク下の扉に付けて使ってます。


ちなみにこの5連フック。シンク上部の棚にも付けられたら良かったのですが、


隙間の関係から上手く付かず。残念。

ダイソーグッズを使っての作りこみはこんな感じです。

■備え付け以外の調理器具に関して。


ついでに、備え付け以外の調理器具についても触れておきます。

まず炊飯器ですが、どうにも置き場所が確保できないので購入は断念。代わりに新しく買った電子レンジ専用炊飯器なるもの使ってます。

最初上手く炊けるか不安だったんですが、良い感じに炊けてます。安いですし、お勧めです。

(2013/9/21追記: レビュー書きました。→ 電子レンジ専用炊飯器「ちびくろちゃん」で美味しく玄米を炊く方法。)

僕は玄米派なんですが、玄米でも水の量と加熱時間を上手く調節することでちゃんと炊きあがります。

あとはポット。湯沸しには定番のティファールの電子ケトル使ってます。

もちろん棚の中に置いても良いとは思いますが、湯気がこもって棚の塗装が剥げてしまったりしてもアレなので、念のためも含めて一番上に置くようにしました。

そんなこんなでどうにか(そしてお金をかけずに)自炊ができる環境ができました。手の込んだ料理をしたい方にはまだまだ物足りないところもあると思いますが、とりあえず僕的にはこれでオッケー。

皆様の快適レオパレス生活の参考になれば幸いです。

では。

2013/07/25

忌まわしきレオパレスエアコンの3時間タイマーを無効にする方法


レオパレスシリーズ続きます。今回はエアコンに関して。

レオパレスにお住まいの方はご存知の通り、レオパレスのエアコンは3時間稼働すると自動的に電源が切れます

つけっぱなしで外出したりして電気代が高額にならないようにという配慮かとは思うのですが、おせっかいも甚だしい。熱帯夜に3時間でエアコンストップされた日にゃー、おちおち寝てもいれません。

正直、レオパレスに入居するにあたっての最大の懸念点がこれでした。

仲介業者の担当からこの話のを聞いて「えーっ!」と思った後、さっそく回避法を検索。うん、どうやら回避法があるようです。

その回避法とはリモコンを替えるというもの。というのも、この3時間タイマーは備え付けのリモコンで操作する際に強制的に登録されているらしく。なので、そんな細工がされていない別のリモコンを用意してそれで操作すれば3時間タイマーが発動することもない、というカラクリです。

という訳で購入したのがこちらのリモコン。

3時間タイマーに悩まされているレオパレサーの皆さん、こちらのリモコンお勧めです。

ただ、絶対にこのリモコンで解決するとは限らないので、関連しそうな補足事項まとめておきます。

・今回僕が借りた部屋についていたエアコンはNational製のCS-H225HZでした。なので、これと同じ機種であればまず大丈夫と思いますが、他メーカー製の機種にも必ず対応しているとは言えません。リモコン購入前には対応機種の確認をお願いします。

・ネットで調べた限りだと、3時間タイマーがリモコンからの発信ではなく、本体の基盤に組み込まれているケースもあるそうです。その場合ですと残念ですが今回の解決策は使えません。

・別途の解決法として本体の緊急操作用ボタンでONにする、というのもあります。確かにこれでも3時間タイマーは回避できましたが、僕の機種の場合だと緊急操作ボタンでONにした後にリモコンで操作しようとするとその時点で電源OFFになるという動作で、とっても煩わしかったです。ごく短期の滞在であればこの方法でも良いと思いますが、ある程度の期間使い続けるのであればリモコンを用意するのがお勧めです。

といったところです。

皆様の快適なレオパレス生活の一助になれば。

では。

2013/07/24

沖縄のレオパレスは鉄筋コンクリート造りで快適です。

沖縄でレオパレス暮らしエンジョイ中のりゅうへいです。

レオパレスと言えば、とかく有名なのが騒音問題。

あまりに壁が薄く、隣の部屋の生活音が聞こえまくるという話はネット上にも溢れています。

僕もその点非常に気にしていたのですが、沖縄のレオパレスに関してはその心配はかなり小さくなります。

というのも、沖縄のレオパレス物件は台風対策のため全て鉄筋コンクリート造りなのです。そのため、防音性も他地域の物件と比べて高いとのこと。

実際住んでみて、確かに隣の部屋の音が気になることはほとんどありません。ときおり水回りの音がちょっと聞こえるくらいです。

たまたま隣人に恵まれているというのもあるかもしれませんが、非常に快適なレオパレス生活送れています。

沖縄のレオパレス、プチネタでした。

では。

レオパレスの部屋はフローリング?カーペット?

沖縄でレオパレス暮らしエンジョイ中のりゅうへいです。

レオパレス入居手の際に仲介業者の担当の方から聞いた、レオパレス物件の床事情プチネタです。

レオパレス物件の床は、1階はフローリング、2階以上はカーペットなんだそうです。

2階以上がカーペットになっているのは、防音上の理由とのことでした。

いくつかの物件を内見したのですが、確かにその通りでした。

なのでどうしてもフローリングが良い人は、1階の部屋から探すことになりますね。

では。

レオパレス入居時の火災保険料を安く抑える方法

2013年の7月から沖縄でレオパレス暮らしのりゅうへいです。

レオパレス入居の際には火災保険への加入が必須となるのですが、その保険料を安く抑えられる方法が分かりましたのでまとめておきます。少しでもお得なレオパレス生活スタートの参考になれば幸いです。

以下の情報は2013年7月に契約したときの情報ですので、実際に契約される際には、必ず最新の情報を担当の方に確認するようにして下さいませ。

さて、火災保険の保険料を安く抑える方法。ひとことで言えば、レオパレス側から提示される保険(入居者あんしん保険)へは加入せずに、別の火災保険に独自に加入するというものです。

レオパレス側から提示される「入居者あんしん保険」の保険料は2年で¥12,580とかなり高額です。これ未満の金額で加入できる火災保険があれば、その差額の分だけお得になるということです。

ただ、どんな火災保険でもOKかというとそうではなく、入居者あんしん保険と同等の保険金額がカバーされている必要があります。その額は、家財保険が¥250万、倍賞責任保険が¥1,000万です。

では、どの火災保険が一番お得か。

ずばり、セゾン自動車火災保険のじぶんでえらべる火災保険です。

この保険でレオパレスが規定している内容・補償金額を満たすプランを見積もると、僕の場合は¥5,490となりレオパレスの保険よりも¥7,000以上安く加入でき、断然お得です。しかもこの金額で賠償責任保険は、レオパレス所定の¥1,000万を遥かに上回る¥1億がつきます。

しかし重要な注意点がひとつ。

レオパレス側の規定により入居日の時点で、火災保険への加入が完了していないといけないというのがあるのです。つまり個人で火災保険に入る場合は、入居日に間に合うよう早めに加入申込をしておく必要があるのです。上で挙げたじぶんでえらべる火災保険は、僕が調べた中で最も安いだけでなく、最も契約に必要な日数が短い保険だったんですが、それでも申込用紙の投函から契約開始まで5日かかるとのことでした。ですので、この保険に入るためには、この分を見越して早めに手続きを行っておく必要があります。

というのを踏まえ、レオパレス入居時の火災保険料節約必勝法をまとめると

じぶんでえらべる火災保険に、できるだけ早めに加入しておく。

となります。

実は僕は入居日までに加入が1日間に合わず、レオパレスの保険に入らざるを得ませんでした。仲介業者にはじぶんでえらべる火災保険で内容的にOKだという確認が取れていただけに残念です。。

以上、レオパレス入居時の火災保険料を安く抑える方法でした。

あ、もちろん既になんらかの火災保険に加入していましたら、その保険がレオパレス側の条件を満たしていれば新たに加入する必要はありません。

では。

レオパレスの「家賃1ヶ月無料」という隠れキャンペーン

2013年の7月から沖縄でレオパレス暮らしのりゅうへいです。

レオパレス入居手続きの際に、ちょっとだけ初期費用を安くできる隠れキャンペーンがありましたので簡単にまとめておきます。

以下の情報は2013年7月に契約したときの情報ですので、実際に契約される際には、必ず最新の情報を担当の方に確認するようにして下さいませ。

レオパレス入居時の初期費用を安く抑えるキャンペーンとして、トリプルゼロという「敷金、礼金、当月日割家賃・共益費、翌月家賃・共益費、鍵の交換費」が無料となるキャンペーンがあります。とてもお得なキャンペーンなんですが、このキャンペーン対象となっている物件は限られており、かつあまりその数は多くありません。

ので、気に入った物件がトリプルゼロの対象になっていないと、ちょっとガッカリというところなんですが、もしかしたらトリプルゼロに及ばないまでも、家賃1ヶ月分であれば無料にできるかもしれません。

というのも、Webサイト上では全く触れられていないですが「家賃1ヶ月無料」というキャンペーンがついている物件が結構あるようなのです。

僕が借りた部屋がまさにそれで、トリプルゼロの対象にはなっておらず「残念だな―」と思っていたところに、担当の方がしれっと「家賃1ヶ月無料となりますので〜」と言い出し、1ヶ月無料キャンペーンの対象であることが判明しました。初期費用をまるまる払う覚悟を決めつつあったところだったので、とても嬉しかったです。

どの物件が1ヶ月無料キャンペーンの対象になっているのかの情報は、僕が見た限りは全く公開されていないので担当者に直接確認するしかないのですが、お気に入りの物件が見つかったらぜひダメモトで確認してみることをお勧めします。

ただし、トリプルゼロも家賃1ヶ月無料も適用すると早期解約時の違約金(家賃1ヶ月分)発生期間が1年→1年半へと延長されるのでその点はご注意下さい。

では。

2013/07/17

沖縄エアコンクリーニング専門店「おそうじくらぶ」さんにクリーニングをお願いしました。

晴れて沖縄県中頭郡は北谷町に新居を構えたわけですが、気になる点がひとつ。

エアコン。

フィルターやファンなどの目に見える部分は入居時に掃除してくれているのですが、問題は内部。

2006年に建てられたマンションなんですが、竣工以降エアコンの内部まで掃除したことがあるとはとても思えず。

さらに、前入居者が喫煙者だった形跡がちらほら(そのせいか壁紙は全部キレイに張り替えられてました。ラッキー)。エアコン内部にタバコのヤニが付いてる予感がぷんぷんします。

という訳で安心快適の沖縄エアコンライフを送るべく、専門の業者にエアコンクリーニングをお願いすることにしました。

沖縄県中頭郡をカバーしている業者さんをいくつかを調べて、今回お願いしたのがこちらの業者さん。

沖縄エアコンクリーニング専門店おそうじくらぶ

営業エリアが合致しているのと、いかにも職人気質な感じで丁寧にやってくれそうだったのが決め手です。

結果から言えば、期待通りの仕上がり!本当に細かいところまで丁寧にキレイにしてくれました。

以下、当日のクリーニングの様子のレポートです。

作業してもらったのは7月17日。予約の電話を入れてから1週間後に来てもらえました。

熟練の大将と、イケメンの若手のお二人での作業です。

まずは用具一式が広げられ作業が始まります。


さっそく分解。


フィルターあたりはそこそこキレイなものの、それ以外の部品はというと・・・

こんなとか、


こんなん。


うーん、ここ通過して出てきた空気で生活するとかあな恐ろしや。

匠の技をもちいて、分解できるところは全て分解してくれました。

分解がひと通り終わったところで、洗浄開始。

しっかり保護して、


高圧洗浄。


排液は驚きの黒さ!


同時並行で、その他の部品をベランダで洗ってくれます。


ピカピカに蘇った部品達。




最後は組み立て。組み立ての最中も、気になった部分があれば随時丁寧に掃除してくれました。




見事に組み上がってお掃除完了です!期待通りにすみずみまでキレイにしてくれました!!

ひと通りの所要時間は2時間半ほど。とっても手際よくテキパキと進めてもらえました。

僕側の反省点として、駐車スペースの確認をしていなかったので停車中のクルマについて、ちょっとやきもきさせてしまいました。

こちらの業者さんに限らずとは思いますが、クリーニングをお願いする際は是非駐車スペースの確認、確保をお願いします。

今回掃除してもらったエアコンはNationalのCS-H225AZ。自動クリーニング機能などはついてない、ごくごくノーマルな機種で料金は¥12,000でした。

おそうじくらぶさんの営業エリアは一応以下とのことですが、それ以外のエリアについても応相談だそうです。沖縄でエアコンのクリーニングを検討されている方、オススメです。

沖縄エアコンクリーニング専門店おそうじくらぶ

<営業エリア>
那覇市、浦添市、宜野湾市、豊見城市、南城市、糸満市、西原町、南風原町、八重瀬町、与那原町、中城村

 

では。