2012/10/17

どの国でもだいたい共通の価値観3つ

7カ国、22都市をまわった今回の旅、締めくくりに旅の中で感じたどの国でもだいたい共通の価値観について書いておきたいと思います。

どの国も当然日本とは文化も歴史も宗教も異なるので、価値観の違いにとまどうことは多々ありました。

それでも場所によらず常に現地の人と共感できたのは

・美味しいものはおいしい
・綺麗な景色はキレイ
・子どもはかわいい

という点。

共通しているのはどれも人間の本能に近い部分の感覚ということ。すなわち生物としての根幹部分においては、場所を問わず誰とでも分かりあえるのだなと、しみじみ思いました。

もし現地の人と手っ取りばやく仲良くなりたいのであれば、この3つのうちのどれかを共有できる状況をもつのが良いですね。

言い換えると、それ以外の部分においては最初から理解し合えるのはまれということ。基本的には分かり合えないというところからスタートだと思っていた方が、ストレスなくコトをすすめることができます。

日本人が普通だと思っている感覚は世界的には極めて特殊なことが多いので、現地には現地の思想とやり方があると謙虚な姿勢で臨むのが大切だなとあらためて思いました。


【2021/04/05 追記】
8年ごしの追加エントリーも含めて、東南アジア旅行記は以上となります。

自作ブログ(龍論)からnoteへの転載をすすめながら何度も何度も思ったのが

行きたいところには行けるうちに行っておくべし

ということ。

猛威をふるっているコロナウィルスはもちろんのこと、環境破壊の影響や、治安の悪化により、昔は行けたけど今は行けない場所というのが山ほどあります。

当面はコロナが収まるのを待つよりほかにありませんが、無事おさまった暁には、あとから後悔しないように行きたいところには躊躇なく行っておきたいと思います。


2012/10/15

実際に行ってみて住みたいと思った東南アジアの街 Top3

 (龍論 2012/10/15)

無事に終わりを告げた3ヶ月間の東南アジア放浪の旅。

旅のテーマが「将来住める・住みたい街探し」でしたので、まとめのエントリーとして実際に行ってみて住みたいと思った街Top3を挙げておきます。

まず、今回の旅行で訪れた街を振り返っておきましょう。


3ヶ月間で7カ国、22都市を回りました。

最初のタイで1ヶ月使ってしまったのでそれ以降がやや駆け足になってしまいました。とはいえね、タイが楽しかったんだからしょうがないよね。

訪れる都市の数を削って、いっこずつの都市をもっとじっくり見て回るという選択肢もあったと思いますが、そう切り替える余裕もなく早足で駆け抜けてしまった感じです。今思えば後半は疲れもあったのだと思う。

細かい反省点は多々ありますが、大きなトラブルも病気もなく無事に帰ってこれたので、大成功です。グッジョブ、自分。

さて、いよいよ住みたいと思った街Top3です。

3位 ビエンチャン

ラオスの首都ビエンチャンが第3位。海好きの僕がつくるランキングに、まさかの海のない国ラオスからランクインです。

もちろんビエンチャンではダイビングなどの海遊びはできないのですが、代わりに広大なメコン川が流れているので眺めているだけで心が落ち着きます。

加えて街は活気があるし、ご飯はおいしいし、ビールもマッサージも安い!

あと個人的になじみの薄いフランス文化の名残があるところも、そそられるポイントです。

ビールとマッサージに癒やされながら、歴史や文化をじっくり勉強してみたいということで、ビエンチャンが第3位です。

[ラオス-02]素敵すぎるビエンチャンの街


2位 プーケット

第2位はタイのリゾートアイランド、プーケット。これはもう言わずもがな、ダイビング目的です。

あとは島自体そこそこ広さがあるので、いろいろ探索しがいがありそうだなっていうのと、その気になればタイ国内の各地にも気軽に旅行にいけるなってことで2位にランクイン。

もちろんバンコクも良かったのですが、やっぱり近くに海が欲しいのと、排気ガスの面でランニングがあまり気軽にできる感じではなかったので、プーケットに軍配です。

[タイ-27]ダイビング@ラチャノイ島&ラチャヤイ島

[タイ-28]ダイビング@ピピ島


1位 コタキナバル

堂々の第1位はマレーシア ボルネオ島の都市、コタキナバルです。

こちらもダイビングのメッカなのは言わずもがな。加えて、開発された都市の住みやすさと海やジャングルといった自然がコンパクトに融合していて、魅力抜群でした。

便利に暮らしながら、のんびりと様々な自然を楽しむという生活がくっきりイメージできたので、東南アジアで住みたい街No.1です。

実際に住むとなるとビザの問題とかもろもろあるので、実行に移すかはまた別の話になりますが、いつか住みたい街の候補として大事に胸にしたためておきたいと思います。

[マレーシア-06]魅惑のコタキナバル その1〜街中散策と衝撃のタンジュンアルビーチ

[マレーシア-07]魅惑のコタキナバル その2〜密林探検!

[マレーシア-08]魅惑のコタキナバル その3〜サピ島ダイビング!


以上、実際に行ってみて住みたいと思った東南アジアの街Top3でした。このランキングが作れただけで、今回の旅の成果は十分。よかったよかった。


【2021/04/04 追記】
このエントリーは実際に旅行を終えてから8年半が経った2021年4月に、当時のことを思い返しながら書きました。

旅行後の現実の生活としては、すっかり沖縄を気に入ってしまい海外移住には至っておりませんが、海外にも住みたい街があるというだけでずいぶんと心に余裕が持てているので、しみじみ行ってよかったなと思います。

8年経ちどの街も当時から変わっているところも多いと思うので、コロナがおさまったらぜひまた見に行きたいです。


2012/10/12

[フィリピン-07]ダイビング@マクタン島

いよいよ最後の目的地セブ島。ダイビングが目的なので、お隣りマクタン島へ移動してさっそく海へGo!

屈強な海の男たち。よろしくです。


出航!


いいねー。青いねー。









上陸して一休み。


お次はのんびりシュノーケル。




遅めのランチ。





十分楽しいダイブだったのだけど、どうしてもダバオでのダイブと比較してしまう自分が!贅沢な身体になってしまったものです。

さて3ヶ月に及んだ東南アジア放浪の旅もこれで完了。次回はかんたんに旅を振り返って、東南アジア旅行記を完結させたいと思います。


【2021/03/23 追記】

8年経ってからエントリーを書くのはやっぱり無理がありますね。。忘却という大きな壁にはばまれ、写真の羅列しかできませんでした。 


2012/10/09

[フィリピン-06]ちょっとだけマニラ

ボラカイ島からセブ島へ行く途中に一旦マニラを経由。

いつもなら例によってガンガン歩いて探索するところですが、旅程の都合上(建前)なんとマニラ滞在は半日のみ。

というわけで、宿の近くをふらっと散歩してみました。

夕方のマニラ。


ショッピングモール発見。行くべし。


無事潜入。写真下手すぎ。



まだ厚型と薄型が半々。


まさかのスケートリンク。


アンド、メリーゴーランド。

「どんな街でも実際に行ってみないと分からない」とうたって始めたこの旅ですが、これだけ多くの街をまわってくると、さすがに事前情報だけでそこに対して自分がどのような印象を持つかだいたい分かるようになってくるもの。

で、マニラは行く前から全然ピンとこず。実際来てみたら別の印象持つかな?という淡い期待もあったのですが、やっぱり想像どおり「ここは僕が住む街じゃない」という結論。

というわけで、マニラはさらっと通過して今回の旅最後の目的地セブ島へ向かいます。


【2021/03/22 追記】
今思えば街に対する目が完全に超えてしまって「交通量の多い街はイヤ」「きれいなビーチがないとイヤ」という気持ちだったのだと思います。決して悪い街じゃないです、マニラ。


[旅の荷物-05]僕が使っているバックパックとパッキングのコツを紹介。

前々回前回のデイパックに続いて今回はバックパック(メインリュック)を紹介。

僕が使っているバックパックはグレゴリーのデイ&ハーフパックです。容量は33L。



実は旅行開始前にリュックを選びに行く時間が無かったので、こちらのサイトを参考にして選びました。新品だと初心者だと思われて狙われやすくなるので、あえてヤフオクで中古品を購入。

機能的には非常にシンプルです。ポケットが一つも無いので全てメインエリアに収納です。当然メインエリアには南京錠で鍵をかけるので防犯の面ではポケットは無くて良いと思います。ファスナーもかなりゴツくて頑丈です。


ただし一箇所に全て収納なのでパッキングには少しコツが入ります。

個人的に行き着いた結論は
①小さいものはそれなりの大きさになるまでまとめる。
②リュックへは雑に放り込む。
です。

まずは①。

荷物を扱っていて一番イライラするのが「あー、あれどこやったっけ?」と探したいものが行方不明になり、挙句全ての荷物を一旦取り出して探すことになるケースです。何度これをやったことか。

で悟ったのが「モノが無くなるのはそれが小さいからだ」ということ。大きなリュックの中で小さなモノを探すのは非常に難儀です。だもんでリュックに入れるものは全てある程度大きくすることにしました。

もともとそれなりに大きさがあるものはそのままで良いのですが、小さいものは小さいもの同士をまとめて袋にいれ、とにかくある程度の大きさを持たせるようにしました。

バックパックに入ってるモノはこんな感じなんですが、写真右下にあるビニール袋あたりが一番小さいモノです。最低限この位の大きさは持たせるようにしました。


バックパックに入ってるモノの一覧はこちら

ではどんなルールでまとめるかというとズバリ使用頻度別です。

旅行を始めた当初はモノの種類別に分けていたんですが、それだとなんだかんだで色んな袋をリュックから出さないといけなくなり、大抵部屋がぐちゃーな状態になっておりました。

これはイケてないなと思い、宿で絶対使うもの、宿でそこそこ使うもの、みたいに使用頻度ごとに分けるようにしました。すると当然宿に着いてからリュックから取り出すのはせいぜい袋1つ2つ。非常にすっきり。手間も減りましたし、同時に忘れ物のリスクも減らせました。

分類は旅が進むなかで徐々に整っていく部分も大きいと思うので、あらかじめ大きさが異なるジップロックやビニール袋をいくつか用意しておくと便利だと思います。

続いて②。

①ができていればリュックのどこに何を入れるかはさほど気にする必要はありません。どれもそれなりの大きさがあるのでそこそこあっさり見つかりますし、そもそもリュックの中がなんとなく使用頻度順に整っていくので探すこと自体少なくなります。

のでどこに何を入れるかはあまり気にせずにポイポイと雑に放り込んでしまって良いと思います。ってか毎回どこに何を入れるか考えながらパッキングするなんて、面倒くさくてできないっす。。

ただし注意点が二つ。

①とトレードオフなのですが、各荷物にそれなりの大きさを持たせると必然リュックの中のデッドスペースも大きくなります。のでリュックの大きさに対して荷物がギリギリいっぱいだとかなり気をつけて詰め込まないといけなくなります。雑に放り込むにはそれなりに荷物を減らしてリュックを余裕ある状態にしておくことが必要です。

あと、壊れやすいモノが入っていると、それを衣類で挟んだりと気を使わないといけなくなります。もちろん都度そういった工夫をすれば良いと言えば良いのですが、僕はその辺気にするのが面倒くさいのでケースに入れたりして荷物自体に強度持たせるようにしています。

といったコツを駆使しつつ、便利にこのバックパック使っています。このリュックもかなりお気に入り。

日本に帰ったら、防災グッズをコレにいれて備えておこうと思ってます。中身が対して変わらないかもしれませんが(笑)。




【2021/03/10 追記】
帰国後ほどなく沖縄をほうぼう回る生活へ移行したのですが、その際もずっとこのバックパックと一緒。

しかし昨年ついにボロボロになりすぎたため、お役御免に。8年間共に過ごした相棒でした。


[旅の荷物-04]デイパック(サブバッグ)の防犯テクニック。

前回紹介した僕が使っているデイパック(サブバッグ)。今回はこのデイパックを使い込んでいく中で編み出した防犯テクニックをいくつか紹介します。

■ストラップでの置き引き防止。

ベルト部分に開閉可能なストラップが付いています。



本来は肩にかける時に使うものですが、カフェなどでの簡単な置き引き防止にも使えます。これを使って椅子などにロックしておけばパッと持っていかれるのを防ぐことができます。


これをやっておくだけでかなり安心度が違います。最近は肩から外してるときは常にこれでロックしてないと落ち着かないくらいです。

■開閉ファスナーは左右どちらかに思いっきり寄せておく。

メインエリアのファスナーは両開きになっています。使い勝手的には上部開きができる中央にファスナーを配置しておくのが便利なのですが、これだとスリを狙ってくる輩にとっても
・二つのファスナーどちらからでも開けられる。
・バッグの中が見やすい。
という利点を与えてしまいます。

ので、街なかを歩く時にはファスナーを左右どちらかに思いっきり寄せておくのが良いとおもいます。こうすることで
・一つのファスナーからしか 開けられない。
・開けてもすぐには中身が見えない。
となり、多少は盗られにくくなります。

もちろんガッツリ防ぎたい場合はファスナーに南京錠取り付けます。

■100円フックでの簡易ロック

メインエリアはファスナーに鍵をつけることができますが、外側ポケットはファスナーが一つしかないのでそのままだと鍵をかけられません。そこで登場するのが100円ショップで売ってるフック。


これをポケット近くのロープ部分に取り付けると、こんな感じでロックすることができます。



フックを開ければすぐに解除できてしまう程度の簡易ロックですが、街なかでのスリ防止程度には役立ちます。

などなど。

もちろんバイクでのひったくり対策として、バッグは道路と反対側の肩(手)に持つといった基本も大切ですね。

そんなこんなが奏功してか今のところ盗難には合わずに済んでますが、そんなコトを言ったそばから盗難に合うのが世の常なので帰国まで後少し、より一層注意して過ごしたいと思います。

次回は荷物がぎっしり詰まったバックパックと収納のコツを紹介。



【2021/03/10 追記】
「上記をやっていたから盗難を防げた!」という劇的なシーンはなかったので実際の効果のほどは分かりませんが、まあ盗難被害にもあわず無事に旅を終えることができたので多少の抑止力にはなったものと信じたいです。

[旅の荷物-03]僕が使っているデイパック(サブバッグ)。

前回の貴重品ケースに続いて、デイパック(サブバッグ)の紹介へ移ります。今回はデイパック自体を簡単に紹介。

僕が使っているデイパックはコールマンのブリーズスリングバッグというワンショルダーです。

これの最大の特徴がMacBook Air(11インチ)がピッタリ入るということです。

僕は基本的には荷物を持ち歩くのが嫌いでできればデイパックも持ちたくないんですが、今回の旅行にはどうしてもノートPCは必要だったので、せめて無駄にバッグが大きくならないようMacBook Airがギリギリ入る最小限の大きさのバックを選びました。

こんな感じでかなりキツイですが、ピッタリ収まります。



こいつにMacBook Airを始め荷物一覧で紹介したグッズを入れて持ち歩いてます。

小さい割に収納は全部で6箇所あり、用途ごとに分けて入れることができるのは流石にコールマン。

メインエリア


メインエリア内部ポケット


外側に左右二箇所



 
背中部に一箇所。左右両開きで貫通しています。



ベルトにも一つ


僕は一番セキュアなメインエリア内部ポケットに準貴重品を、取り出しが容易な外側ポケットとベルトポケットに良く使う生活グッズを入れてます。

性能には基本的には満足していますが、ワンショルダーというのは好みが分かれるところだと思います。

ひょいっと肩からかけられるので手軽な反面、どうしても片方の肩に負荷が集中してしまいます。とは言ってもそんなに重くはないので、僕的にはちょいちょい左右入れ替えながらかければ大丈夫な範囲です。

あと、街で良く見かける背中にバックパック、お腹にデイパックという持ち方はできません(ベルト部の収納捨てて、先にワンショルダーを肩から斜めがけすればいけるかもですが)。僕は近い距離であれば両肩にバッグを一つづつで運んでます。長い距離の場合はバックパックを両肩で背負って、デイパックを手持ちしています。

耐久性は問題なさそうです。3ヶ月弱かなりハードに使ってますが、ヘタったり破けたりする様子は見られません。

といった感じのデイパック。かなり気に入っているので日本に戻ってからも普通に使いそうです。

次回はこのデイパックを使う中で編み出したちょっとした防犯テクニックを紹介。



【2021/03/10 追記】
このバッグが後に母親のジム通い用バッグになるのだから、嗚呼諸行無常。